看取り看護ならエムスリーナースサポート

企業看護師養成講座

エムスリーナースサポートでは、訪問看護に従事する看護師を育成する研修プログラムを開講しています。
訪問看護ステーションで勤務に従事する看護師を「看護クラーク」と名付け、介護と看護の両方をうまく協調させられる人材育成を目指します。
研修プログラム期間の給与は原則的に保証しているため、安心してノウハウを習得することができます。

講師紹介

以下の講師陣が看護クラーク養成所の講師として、指導を行っております。

(過去の看護クラーク養成講座にてご講演下さった方を含みます。順不同)

菅原 由美
(有)ナースケアー取締役。開業看護師を育てる会理事長、日本臨床医療福祉学会評議員、藤沢市介護保険事業所連絡会幹事・代表幹事・管理者部会長、日本神経疾患医療福祉従事者学会会員評議委員、藤沢市介護保険運営協議会委員、NPO法人全国在宅医療推進協会理事、藤沢市高齢者虐待防止ネットワーク副代表。1955年神奈川県生まれ。
1976年 東海大学医療技術短大看護学科卒。東海大学病院ICUに1年間勤務。その後、企業や保健・非常勤勤務の傍ら3人の子育て。
1996年 ボランティアナースの会「キャンナス」を設立。
1998年 有限会社「ナースケア」設立。
2009年 「ナースオブザイヤー賞」、「インディペンデント賞」受賞。キャンナスを鳩山総理が視察。東日本大震災において災害ボランティアキャンナスとして被災地において活動。

萩原 正子
看護師、保健師、介護支援専門員、社会福祉士。静岡県立厚生保育専門学校保健学科卒業(現:静岡県立大学短期大学部)。静岡県浜松市保健所で保健師として勤務後在家庭。
1990年 訪問看護に関わり医療機関の訪問看護部門立ち上げる。その後、訪問看護ステーション管理者就任。
2005年 日本社会事業大学専門職大学院修了、同年日本看護協会に就職、日本訪問看護振興財団(現日本訪問看護財団)で6年間の出向。
2011年 日本看護協会退職。
2011年 「一般社団法人 オフィス萩原」を設立し代表理事となる。

藤野 泰平
株式会社デザインケア 代表取締役、みんなのかかりつけ訪問看護ステーション名古屋 所長(常勤)、愛知医科大学 看護学部 非常勤講師、一般社団法人 日本男性看護師会 共同代表、愛知県看護協会 男性看護師会JUMP 代表。
2013年 愛知県看護協会の下、同協会に加入している男性看護師約2000名を対象とした組織を設立。愛知県下の男性看護師のネットワーク構築、価値を明らかにする活動を実施。
2014年 愛知医科大学 看護学部 非常勤講師 就任。「在宅看護援助論」担当 。
2014年 一般社団法人 日本男性看護師会 共同代表 就任。
2015年 医療の質安全学会 新しい医療のかたち賞受賞。

冨士 恵美子
株式会社ななみ 代表、看護師、キャンナス名古屋代表(全国訪問ボランティアナースの会)、日本ALS協会(筋萎縮性側索硬化症と共に闘い、歩む会) 愛知県支部、NPO法人愛知県難病団体連合会理事。
1990年 名古屋市医師会看護専門学校で専任教員として勤務。
1999年 開業医にて看護師長として勤務。
2009年 株式会社ななみを設立 全国ボランティアナース(キャンナス名古屋を発足)。
2010年 訪問看護ステーションななみ開設。
2014年 ヘルパーステーションいちごナース開設。
2015年 難病シェアハウス開設。

宮崎 直樹
株式会社介護屋宮﨑 代表取締役、一般社団法人日本単独居宅介護支援事業所協会 会長。
40件以上の担当を持ちながら各地で講演活動を行っている。シルバー新報、達人ケアマネ、月刊ケアマネジメント、各種新聞社などへの記事掲載や執筆も多数。セミナー開催や各種団体・協会から講演依頼を受け、年間30回以上、計1,300人の方が受講。「ケアマネの本質は対人援助。書類に追われて利用者と家族と向き合う時間を削るようなことがあってはならない」「公正中立な立場でいたい」との思いから、そのノウハウやヒントを伝えている。
2012年 介護屋みらい設立。
2014年 介護屋みらい船橋店設立。
2015年 一般社団法人日本単独居宅介護支援事業所協会設立。

大田 真由美
株式会社アゴラ 代表(青葉訪問看護ステーション)。
1982年 大阪大学医療技術短期大学部(現大阪大学医学部保健学科)卒業。障害児療育園・神奈川県立こども医療センター勤務を経て、一時離職。自分の生活スタイルに合わせた働き方をするために、クリニック・有料老人ホームの勤務を経て、訪問看護に出会う。
2001年 訪問看護ステーション勤務 訪問看護を開始。
2011年 (株)アゴラ 青葉訪問看護ステーション 代表取締役就任 経営者・管理者として活動。地域での他職種連携チームの一員として活動。

浅川 澄一
ジャーナリスト、元 日本経済新聞 生活情報部 編集委員。1948年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。
1971年 日本経済新聞社入社。東京本社流通経済部で流通企業、サービス産業、ファッションビジネスなどを担当。
1987年 「日経トレンディ」を創刊し、初代編集長に。その後、流通経済部長、マルチメディア局編成部長。
1998年 日本経済新聞社編集委員。高齢者ケア、少子化、NPOなどの分野を担当。
〈主な著書〉『介護系NPOの最前線』(共著、ミネルヴァ書房)、『「さぬき」からケアの風』(共著、筒井書房)

清水 敬子
彩居宅介護支援事業所 ケアマネジャー 看護師。
私は看護師でずっと病院で働いていました。15年前に実母が脳梗塞で倒れ、その時に介護保険のことを知りました。在宅で介護することに困っている人もたくさんいるのではないかと思い、ケアマネジャーを取得しました。13年前から居宅介護支援事業所でケアマネジャーとして働き始め、多くの利用者さんと関わってきました。ケアマネジャーの仕事は思った以上に多岐にわたり、大変ですが信頼第一の仕事なので、フットワークよく働き、いつも利用者によりそう介護ができるように支援しています。

講座内容

 

看護クラーク養成所では、以下の講座を用意しております。

  • 在宅看護基礎学
  • 期待される能力
  • M3グループビジョン
  • 家族支援について
  • 訪問看護師の役割
  • ターミナルケアの在り方
  • 退院支援、退院調整
  • 在宅ホスピス
  • 看護クラークバイブル学
  • 訪問看護を取り巻く法令、動向
  • 医療連携
  • 在宅ケアシステム論
  • 訪問看護ステーションの災害対策
  • リスクマネージメント
  • 接遇
  • 他職種から学ぶ人材管理
  • 高齢者住宅のノウハウ
  • 在宅における呼吸器管理
  • 看護クラークのあるべき姿、働き方
  • 訪問看護の効果的アプローチ
  • 地域を守る小規模訪問看護が抱える課題
  • 介護士との協同の実際を考える
  • 社会資源活用
  • ALS協会
  • 訪問看護を取り巻く制度と数字
  • 経理、財務の実際、経営状態の把握
  • ケアマネからの仕事の取り方 介護保険法
  • 人材管理
  • 労務管理の基礎
  • 介護保険、障害者総合支援法
  • 高齢者住宅見学会
  • ナーシングホーム見学会
  • 在宅ホスピスにおける請求業務の実際
  • 欧州、アメリカ、オーストラリアの終末期医療
  • 個別課題による地域リサーチ
  • 個別単位での発表会、看護クラーク戦略会
  • クリニック、在宅医との協働の実際
  • 在宅看護総論テスト
  • 修了テスト

※養成講座の内容は受講時期や期間により変わります
※本部看護クラーク養成所での講座が基本となりますが、在宅ホスピス開設場所により、開講場所が変わる場合があります。担当へご確認下さい。